旅の解体新書

はじめまして!閲覧ありがとうございす。長期休みを利用し、これまで20ヶ国近く旅した現役大学生の旅の経験を伝えていければと思ってます。

東ヨーロッパ縦断の旅 ギリシャでヒッチハイク 


東ヨーロッパ縦断の旅 徒歩での国境越えは危険 トルコからギリシャへ - 旅の解体新書

 

時刻は朝の6時。

車通りの少ないギリシャの入国ゲートは閑散としており、直線上に続くハイウェイはこの先に町があるとは思えないくらいに田舎風景が続いていた。

 

歩いて町まで行くにしても、とても時間がかかりそうだ。そう思いながら数少ない走ってくる車をダメもとでヒッチハイクしながら前に進んでいた。

 

歩き始めて10分後

後ろから赤い車が走って来るのを感じ親指を立てた。

すると、無言で彼は手招きをし車を止めた。

 

そしてギリシャ人の男の車に乗せてもらうことになった。

この時お互いにどこまで乗せてほしいなどの交渉などの会話はなく、まるで乗せることが当たり前かのような雰囲気だった。

 

彼の名前は、、忘れてしまったが、ロン毛でミュージシャンをやっていそうな50代くらいのおじさんだ。

 


ヒッチハイク経験談 ギリシャ人と200kmの車の旅 - 旅の解体新書

そのときにしてもらったことは上の記事を読んでほしい。

 

このおじさんに一日中色んなところに連れていってくれた。

彼との時間は不思議と心地よく、ヒッチハイクをつまらないと思っていた私だったが、そんなことは忘れていた。

眠たいときは寝て、見たいものを見せてくれた。

小さい頃に会ったきりの遠い親戚が遊びに来てドライブでどこまでも連れてってくれた時のような、そんな優しい思い出のようだった。

 

世の中には見ず知らずのアジア人を自分の車に乗せ、一日中連れ回してくれる神様のような心優しい人がいる。

 

ヒッチハイクをやってみて、ヒッチハイクしてみたいと会えない貴重な経験をした。そして人の優しさを肌で体感し、いつかは自分が旅人に親切にしたい。

 

私の旅はまだ会ったことのない多くの人に支えられて成り立っている。

そしてこの先もお世話になるだろう。

 

「一期一会」

なんだかセンチメンタルな感じだが、この言葉を大切に旅を続けていきたいと思った。


f:id:Queserasera00:20191213082958j:image



東ヨーロッパ縦断の旅 徒歩での国境越えは危険 トルコからギリシャへ


東ヨーロッパ縦断の旅 ヒッチハイクはつまらない! - 旅の解体新書

 

手続きを済ませ、特に問題なくトルコの出国ゲートを抜けることができました。

しかし、「ここから歩いて近くの街に行くのは難しいから、バスに乗せてもらえるか交渉しな!」と役員に言われたので、仕方なくトルコの出国ゲートでバスをヒッチハイクすることにしました


f:id:Queserasera00:20191211130440j:image

f:id:Queserasera00:20191211130446j:image

 

ヒッチハイクはもうやらないつもりだったのに...

なんて甘えたことは言ってられない。乗せてもらえなければギリシャの町に行けないのだから!

 

さっそくバスの運転手に声をかけました。

「町まで乗せてください!」

 

もちろんそんなやつに乗せてくれるバスはない!

見守っていた役員も「アンラッキーだったな!ハハハハー」とか言ってるし大変だけど歩いて行ってみることにしました。

 

近くの売店で、コーラとパンを買っていざ行こう!

 

気合いを入れて、歩き始めた五分後...

 

恐ろしいほどでかい銃を持った軍人がいたので、刺激しないようにお辞儀をして通りすぎようとしました。

しかし、軍人が目の前に立ちはだかり怖い顔と強い口調で何かを言ってきました。

 

なに!なんも悪いことはしてませんよ!

と言わんばかりに私は両手を上げました。

 

言葉がわからなくて困惑していると、さらに一人軍人が来て私を囲みました。

 

よくわかんないけど、人生終わった...

 

そんなことを思っていると、一人の軍人が英語で「ここから先は軍のエリアだから歩いて行くようものなら牢屋行きだ。」と。

 

そう言うと、一人の軍人がトラックと交渉してくれて、軍のエリアの出口まで乗せてもらえることにしてくれました。

f:id:Queserasera00:20191211130628j:image

どうやらトルコの出国ゲートとギリシャの入国ゲートの間は干渉地帯として軍のエリアとして使われているようでした。

f:id:Queserasera00:20191211131439j:image

あのまま歩いて行っていたら、今頃撃たれていたか、牢獄に入っていたのかと思うと恐ろしい...

 

軍人エリアを抜け、休憩所のようなところで降ろしてもらいそこで少し休憩していると、若いトルコ人が声をかけてきました。

聞くところによるとヒッチハイクアテネを目指しているという同い年のトルコ人でした。

ここでアテネ行きの長距離トラックを捕まえているようだったので、あわよくば彼が捕まえたトラックに乗せてもらおうとこぼれ玉を狙っていたが、彼はトラックを見つけると一人で行ってしまいました。

 

結局私は本日中の移動を諦めその夜は休憩所外のベンチで寝りにつきました。

夜中は冷え込み、周りには野良犬、蚊、夜中に大騒ぎするツアー団体客たちに囲まれながら、なんとか朝を迎えることができました。

f:id:Queserasera00:20191211131651j:image

国境は特に治安が悪いので、今考えると何もなくて良かったなと思うし、私はどこでも寝れるんだ!という自信を身に付けました。

 

時刻は朝の6時。

歩きながら車が通ればヒッチハイクしようというスタンスで出発。

f:id:Queserasera00:20191211131707j:image

 

 

 

東ヨーロッパ縦断の旅 ヒッチハイクはつまらない!


東ヨーロッパ縦断の旅 トルコでヒッチハイク - 旅の解体新書

 

ヒッチハイクを挑戦して、2日目

私が泊まったホテルでは一泊3000円で豪華な朝食付きだったので、眺めのいい席から朝食をたらふく食べていました。


Tekirdag Yat Hotel -テキルダー-【 2019年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

美味しい料理を食べながら思ったのは、

ヒッチハイクつまらない!やめよ!」

 

前日に始めたばかりのヒッチハイクで、スムーズに車を捕まえられたし、乗せてくれた方もいい人ばかりでした。

 

しかし!なんか違う!

よく考えてみたらこう思ってしまったのには原因がありました。

  1. 移動中は寝ていたい
  2. 知らない人と何時間も話せない
  3. 優しくされ過ぎてつらい

主にこの3つが私にとってストレスでした。

 

ヒッチハイクというのは乗せてもらった礼儀としてお話したりするのが普通ですが、英語があまり伝わらなお互いにとっては①と②はとてもストレスでした。

また③に関しては、お金がなくてヒッチハイクをしているわけではなかなったが、周りの人は同情してお金をくれようとするところが私にとって辛かったですね。

 

ということで、ヒッチハイクをやめバスで移動することにしました

 

ホテルの近くのバス会社でチケットを買い、改めてギリシャに向かいました。


f:id:Queserasera00:20191210131021j:image

正直この日は考え事をして、いくらのバスに乗ったのか、何を見ていたのかは全然覚えていません。

 

気付いたら目的地を通り越してしまい、再び小さなバスに乗り、そこからさらに小さなバスで国境の手前の町まで行きました。


f:id:Queserasera00:20191210133104j:image

f:id:Queserasera00:20191210131409j:image

 

国境手前の小さな町からタクシーを使い、国境の前で下ろしてもらったのが昼過ぎの3時。

 

国境ではトルコからギリシャに向かう人の車がずらりと並んでおり、歩いて国境を抜けようとしているのは私だけでした。

 

「歩いてトルコの国境を抜けて、歩いてギリシャに入ろう!」

そう思っていましたが、この考えが後に悲劇をよぶことになるとはこの時は思っていませんでした...

f:id:Queserasera00:20191210132832j:image

 

東ヨーロッパ縦断の旅 トルコでヒッチハイク


トルコの魅力 「坂道、猫、ケバブ」 - 旅の解体新書

 

サッカーも見て、ケバブ3食食べ、観光もし、イスタンブールに満足した私は旅を開始することにしました。

 

目的地はギリシャ

ギリシャまでをヒッチハイクで行ってやろう!

なんなら東ヨーロッパ縦断はすべてヒッチハイクで行けちゃうんじゃないか。

そんな強い気持ちで、ハイウェイの入口で行き先が書かれた段ボールを掲げました。

 


海外ヒッチハイクは難しいのか 東ヨーロッパでヒッチハイクをして感じたこと - 旅の解体新書

 

期待に胸を膨らませ、笑顔でヒッチハイクを開始しました。

 

周りの心配を押しきり...

しかし五分後、近くで見ていた男性に声を掛けられました。

Google翻訳で彼は「ヒッチハイクは難しいからバスに乗って行きなさい。バス代出すから。

 

なんて優しいいいんだーー

ここはお言葉に甘えて。。。

って始めたばかりだぞ!!

 

ヒッチハイクでやるので大丈夫です!!

と言うと、「時間はかかると思うけど頑張って」と言い残して去っていった。

 

気を取り直し再開。

 

10分後、近くの芝生で座っていた2人の男性が声を掛けてきた。

Google翻訳を使って彼が一言。

バスを使いなさい。

そう言ってポケットからお金を出して渡してこようとする。

f:id:Queserasera00:20191208233205j:image

断っていると、もう1人英語が話せる男が加わって来た。

ここはハイウェイだから車が早くて危険だからみんな止まらないよ。なぜそんなにヒッチハイクにこだわるんだ??

 

なんでって。。

理由はないよ。やってみたいだけだから。

 

そう言っても通じるわけもなく、お金がないことを理由にしていた。

 

トルコ人:お金あげるから。。

私:いや大丈夫だから!

トルコ人:受け取ってバスで行ったほうがいいから!

私:大丈夫!ヒッチハイクするから!

 

そんなやりとりが何度が行われた。

こんなに心配してくれて、なんて優しいんだトルコ人は。。

 

しかし甘えてはダメだ!

ヒッチハイクするんだ!

そう言って再び再開。

 

ついにその瞬間が...

30分後

後ろの方でクラクションが鳴った。

駆け寄ると、乗りな!って

f:id:Queserasera00:20191208233219j:image

記念すべき第1号!!

周りの人に流されなくて良かった!!

 

その後も順調に2台目、3台目と車を乗り継ぎ、スタート時点から120km以上先の場所まで来て今日は終了。

 

ドライバーが安いホテルがあるところで下ろしてくれたので、今夜はそこに泊まることにしました。

 

今日は一日中ヒッチハイクをし、ひたすら車に乗って移動をした日でした。

そんな1日を振り返り感じたことを次回書いていきます。

 

 

 

 

トルコの魅力 「坂道、猫、ケバブ」


東ヨーロッパ縦断 1ヵ国目 トルコのイスタンブール サッカー観戦をしよう! - 旅の解体新書

 

私は朝6時に起き、朝の散歩に!

 

トルコのベシクタシュの町の特徴は坂道と猫が多いこと!

そこら中に猫がいて、餌や寝床が人工的に作られていることから、トルコ人にも愛されているのだろう。

朝の時間は歩行者よりも猫の方が多い気がする...

とにかく、トルコは猫好きにはたまらないところですね!

 f:id:Queserasera00:20191208010303j:plainf:id:Queserasera00:20191208010314j:plain

f:id:Queserasera00:20191208010329j:plain

f:id:Queserasera00:20191208010418j:plain


トルコの人口の約90%はイスラム教徒と言われています。ネコはイスラム教において敬愛されている動物で、 預言者ムハンマドにも愛されていたといわれています。そのため、猫はイスラム教徒にとても敬愛されているのです。

 

坂道を上り下るハードな散歩を終え、ゲストハウスに戻り、朝御飯を食べに出掛けました。

トルコといえば、ケバブですよね。


f:id:Queserasera00:20191207075343j:image

町にたくさんのケバブ屋があるなかで、一番オーナーの感じが良さそうな店で食べました。

ソースはこれをかけろ!

ちょっと味見してみろ!

と親切にいろいろ教えてくれた彼は日本が好きらしい。

f:id:Queserasera00:20191207075614j:image
購入したケバブは日本円で120円

野菜たっぷり、お肉たっぷりで本当に美味しい!挟むパンは長いパンもあれば、固いパン柔らかいパンいろいろ選べます。

f:id:Queserasera00:20191207081326j:image

こちらは次の日同じ店で食べたケバブ

長めのパンに挟んでもらいました。

 

日本で買うと500円くらいするからなかなか買えないけど、トルコでは3食ケバブという異常な食生活を送っていました。

うますぎる...

 

トルコは猫、ケバブ好きにはオススメのところです。

 


f:id:Queserasera00:20191208005610j:image

ちなみに私が3食ケバブを食べていたオススメのケバブ屋です。

Googlearthではお店がなかったのでおそらく最近できたところなのかな。

 

ということで本日も閲覧ありがとうございました!

 

東ヨーロッパ縦断 1ヵ国目 トルコのイスタンブール サッカー観戦をしよう!


東ヨーロッパ縦断を振り返る 東欧の魅力とは - 旅の解体新書

昨日から引き継ぎ、夏の東ヨーロッパ縦断の旅を振り返ります。

 

トルコのイスタンブールに到着


f:id:Queserasera00:20191206104931j:image

東ヨーロッパ縦断のスタート地点であるイスタンブールの「サビハ・ギョクチェン国際空港」に到着したのは夜の11時でした。

 

あれ、思ってた空港と違う。

私は特に調べもせずに、イスタンブールまでのチケットを買いましたが、イスタンブールには空港がいくつかあったみたい...

f:id:Queserasera00:20191206114012j:image

 

とりあえず、ここから町に移動して宿に泊まるだけならもったいないと思い、空港で朝を迎えることにしました。

マクドナルドでナゲットを食べ、空港のロビーのベンチで眠ることにしました。

すでに眠りやすい椅子には先客がいましたが、何とか自分のベンチを見つけてそこで眠りました。
f:id:Queserasera00:20191206112457j:image

 

イスタンブールベシクタシュでサッカー観戦?!

次の日バスでベシクタシュへ向かいました。

ベシクタシュと言えば、サッカー

ちょっと前まで香川真司選手が所属していたいチームで、サポーターの熱気もすごい!

そんなベシクタシュで次の日試合がある! 

 

しかしトルコリーグの試合を観戦するためにはE-チケットのアカウントを作り、そこからチケットを購入しないと買えないのでとても面倒くさいです。

結局私はアカウントすら作れず諦めました...

行く前に日本で準備することを強くおすすめします...

 

E-チケットでチケットを買えなかったが、どうしても見たいという人は、スタジアム付近にいる怪しい男に声をかけると、正規の10倍の値段で売ってくれます!全くおすすめできませんが。

 

その夜スポーツバーで試合を観ようとバーを探していたが、良いところが見つからず、パブリックビューディングのあるバーの外から試合を観戦していました。

しかし、試合がつまらなすぎて前半を終えたところで見るのをやめてしまいました。

 

ただサポーターのクラブへの強い愛を感じることができました。その証拠にベシクタシュの町にはいろんなところにクラブのオフィシャルストアがあって、私もベシクタシュのサードユニを1500円という破格で買いました。

 

香川真司選手の話で仲良くなったトルコ人もいて、とても楽しい一日でした。

サッカーは世界共通!

この一言で今日は終わります。

 

ではまた明日!

東ヨーロッパ縦断を振り返る 東欧の魅力とは

f:id:Queserasera00:20191205105812j:image

私は今年の夏に東ヨーロッパ縦断にチャレンジしました。

ヒッチハイクやバスを使い移動し、トルコ、ギリシャブルガリアルーマニアモルドバウクライナポーランドの8ヶ国を3週間かけて周りました。

 

東ヨーロッパ縦断の旅での記録をここでは書いていきたいと思います。

 

なぜ東ヨーロッパ縦断?

始めに私がなぜ東ヨーロッパを選んだかというと、正直深い意味はありませんでした。

実は、東ヨーロッパを旅をしようとする前にイギリスに治験のために滞在していました。


イギリス治験 入国から検査までの流れ そして治験参加を通して得たもの - 旅の解体新書

しかし検査の結果不合格

帰国を余儀なくされてしまいました。

 

このまま帰るわけにはいかない。何かしてから帰りたいと思い、東ヨーロッパスタート地点のトルコに向かったのです。

 

東ヨーロッパの魅力

東ヨーロッパはヨーロッパの中でも非常に旅がしやすいと思いました。

旅がしやすい場所の私なりの定義は

  1. 物価が安い
  2. 飯がうまい
  3. 観光地すぎない

この3つで、東ヨーロッパはヨーロッパの中でも物価が安く、旅をしやすいと聞いていました。またまだまだ日本人にとっては東ヨーロッパの知名度が低く、新しいものを見る価値があるなと思い行きました。

 

まずは航空券を買うところから

イギリスからトルコのイスタンブールまでは片道約15000円でした。

約3000km以上の距離でこの値段は破格です。

ヨーロッパからヨーロッパは飛行機が安いです。

航空券を書い、東ヨーロッパ縦断の旅をスタートさせる準備は完了しました!

 

 

次回は1ヶ国トルコのイスタンブール編を書いていきます。

 

毎日1記事を目標に頑張ってます。「スター」や「読者になる」がモチベーションになるので引き続きよろしくお願いします。